補綴(入れ歯)
 
 色々な理由により多くの歯が抜けてしまったり、抜かなければならない状態まで放置してあった場合、噛み合せの機能と審美的な要素を同時に回復して患者様のQOLを向上させる方法として取り外しの入れ歯を選択することがあります。

 この症例は、歯周病により噛み合せの機能が喪失し、審美的な問題もある患者様です。
具体的には、歯の抜去・磁性アタッチメント・インプラントを組み合わせて治療しました。


  治療開始前の状態です。

2008121618290520756.jpg
2008121618295722315.jpg
200812161830255312.jpg

              

  治療後の状態です。初診から約1年かけて治療が終了しました。

2008121618405921389.jpg
2008122417015617728.jpg

  
磁性アタッチメント・インプラントを組み合わせた義歯による治療例です。
咀嚼機能の向上、審美的な要素を満たすことによりアンチエイジングを達成することができました。

2008122417035118103.jpg
200812241704174508.jpg


治療前のレントゲン写真治療後のレントゲン写真
200812241709024622.jpg
2008122417093718345.jpg

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています