審美治療 (矯正・インプラント・ラミネートベニア)
 
矯正・インプラント・ラミネートベニアをおこなった症例です。
右上の側切歯(中心より2番目の前歯)が先天的に欠損しています。
左上の側切歯は、円錐形をしています。
200812211852009327.jpg 2008122118525723529.jpg


部分矯正治療をおこない前歯の歯並びをととのえます。3か月ほどの治療期間が必要です。
次にインプラントの埋め込み手術を行います。写真は3か月経過しアバットメントと呼ばれる土台を装着したところです。
2008122118543823530.jpg 200812211855019341.jpg


インプラント部分にはメタルボンドクラウンを装着しています。
円錐形をしていた左上側切歯にはラミネートベニアを装着して歯の形態を治しました。
ラミネートべニアは歯の表面をわずかに削り形態を整えたセラミックを接着する治療です。
200812211859134005.jpg 200812211903309594.jpg

治療前と治療後では別人のように変わっています。

インプラント治療は口の中の衛生状態が不良であるとインプラント周囲炎をおこし歯茎の腫れをおこします。進行するとインプラントが抜けてしまうこともあります。
ラミネートべニアは嚙み合わせの不良による破折、脱離のリスクがあります。
リスクを回避するには、どちらの治療も良好な口腔衛生状態と定期的な健診によるメンテナンスが必要です。

 審美治療というのは、ホワイトニングだけではありません。この症例のようにトータルで笑顔をつくり出していく治療です。笑顔にお悩みのある方、ご相談にいらしてください。最適な審美治療を提供いたします。

 
 
ボットからトラックバックURLを保護しています